生活用品・暮し

マンションリフォームの注意点

マンションリフォームの注意点

マンションリフォームを考えている人は結構多いようです。中古マンションを購入してリフォームして入居したり、新築で購入したマンションが老朽化してきたことや家族構成が変わったことからマンションリフォームを考えているという人も多いのではないでしょうか。

マンションリフォームをするときには、注意しなければいけないこととしてはリフォーウ出来る部分とできない部分があるということです。マンションは自分の持ち物ではありますが占有部分と呼ばれる部分が自分の持ち物で、共有部分と呼ばれる部分はみんなで利用する場所ですから、共有部分のリフォームをすることはできません。ですから十分に注意したうえでリフォームをしなければいけないのです。*対象物件により、共用部分の範囲は違う可能性があり、ご自身のマンションの管理規約をご確認ことをお勧めします。

一般的には、窓枠及び窓ガラスや、玄関のドアというのは共有部分(錠及び内部塗装部分含まない)だったり、ポーチ部分は共有部分であることもあります。一方で、室内側でも建物の躯体(コンクリート等)にあたる天井・壁・床も共用部分です。ですので、勝手に梁の場所を変えたりすることもできませんし、リフォーム工事の際には界壁(お隣の住戸との壁で、戸境壁ともいいます)を含めた躯体を壊したり、穴を開けたりもできません。

例えば、エアコンを新設するため、壁に通気口を開けたいという工事は基本的に不可なのでご注意ください。

ですから、マンションリフォームをする場合には、良く考えて行わなければいけないのです。それに、マンションリフォームでよくあるのが、キッチンをリフォームしたり、壁紙を張り替えたり、照明の場所を変えるなどが一般的です。

また洗面所などをリフォームするという人もいると思いますが、基本的に水回りの場所を変えるというのはマンションの場合にはリフォームでもできないと思いますから、リフォーム会社によく相談をしたうえで、工事を進めていくのがいいのではないでしょうか。中古マンションを格安で購入して、新築そっくりにリフォームして住むというのも人気です。

ABOUT ME
harurino
気になる世の中のことを目印とする